現代人に求められる整体師は資格が必須|地道に取得を目指そう

医者と看護師

医療の現場で働こう

婦人

放射線技師になるには、国家試験へのパスが必須です。また、専門課程をクリアすることも求められます。この専門課程は大学や専門学校で得ることが出来るので、まずは学校選びから始めましょう。放射線の取扱いは医療の現場になくてはならない、やりがいのある仕事です。

読んでみよう

予備校で受験対策

女の人

看護師国家試験合格率は高い傾向にありますが、一つの目安としてしっかりと受験対策を行うことが大事です。満点を取らなくても合格基準点を満たせばよいので、予備校を活用しながら勉強していくとよいでしょう。

読んでみよう

東洋医学の専門家になる

鍼灸

鍼灸師は鍼師・灸師という国家資格の総称です。東洋医学の理論に基づいた治療技術を持つ専門職ですが、美容関連の仕事に就くケースもあります。国家試験の受験資格は養成機関において3年以上学ぶことで得られます。

読んでみよう

体のバランスを整える仕事

整体

職場はいろいろ

整体師とは、体の不調を訴える人や健康を維持したい人の体のバランスを整え、自然治癒力を高める療法を行う人です。職場は整体院の他、カイロプラクティック、整骨院、病院のリハビリ施設などがあります。また、エステティックサロンやリラクゼーション施設といった場所でも需要があります。整体師に国家資格はありません。民間資格が存在します。ですから、整体師になるのに、資格取得は必ずしも必要でないといえます。しかしながら、知識も技術もない人が整体の技術を提供するのは危険が伴う行為です。整体師になりたいと考えているなら、専門学校や養成スクールに通って学ぶ、また整骨院などで働きながら技術を習得するという方法で目指しましょう。

学ぶ場所の選び方

整体師の知識や技術を学ぶ場所の選び方で大切なのは、自分の学び方を考慮し、それぞれの学校やスクールの特徴をチェックすることです。教育方針や学習内容、講師の顔ぶれの他、卒業生がどんな場所に就職しているかもチェックしておきましょう。就職を斡旋してくれる場合もあります。また学校やスクールによって学習内容、その濃度は若干異なります。通信教育でも学ぶことができ、自宅学習に加えてスクーリングによって整体の技術が習得できます。仕事をしながらでも整体の知識や技術を学ぶことができるスタイルの講座も多いです。資格取得は、その学校やスクールで数回の試験を受けて卒業する、または講座を修了することで認定されます。学び方はいろいろあるので、自分に合った場所を選ぶようにして、地道に取得を目指しましょう。